1962年創業の信頼と実績、国産初の電気錠・電気錠制御盤メーカー。設計・開発・施工・修理・保守まで一貫対応。

HOME  >  JEIブログ

JEIブログ

当社の仕事は"雨ニモマケズ"

2017年02月28日 [ 社長コラム ]


 一年で最も寒い時期ですが、この間も雪の下では春に備えて、大地に滋養をためる営みが続いています。我々もそうありたいです。今月は、有名な宮沢賢治の「雨ニモマケズ」について書きます。

「雨ニモマケズ」
(現代語)
雨にも負けず 風にも負けず
雪にも夏の暑さにも負けず
丈夫な体を持ち
欲はなく決して怒らず
いつも静かに笑っている
一日に玄米四合と味噌と少しの野菜を食べ
あらゆることを自分を勘定に入れずに
よく見聞きし 分かり そして忘れず
野原の松の林の蔭の
小さな萱ぶきの小屋にいて
東に病気の子供あれば
行って看病してやり西に疲れた母あれば
行ってその稲の束を負い
南に死にそうな人あれば
行って怖がらなくてもいいと言いe0295551_5395483.png
北に喧嘩や訴訟があれば
つまらないからやめろと言い
日照りのときは涙を流し
寒さの夏はおろおろ歩き
皆にデクノボーと呼ばれ
ほめられもせず 苦にもされず
そういうものに私はなりたい

 昨年、宮沢賢治記念館を訪れました。静かな、豊かな自然に囲まれた、地元の方の賢治さん(地元の人はこう呼ぶ)への愛情が感じられる手作り感あふれる展示が印象的でした。学校の教科書などで読まれた方も多いでしょう。この詩は、作品として発表されたものでもなく、賢治さんが亡くなった後、手帳に殴り書きされていたものが発見されたそうです。私は数年前から繰り返しこの詩を読み口ずさみ、噛みしめています。ここには日本人の理想が描かれていると思うからです。自然の移り変わりを素直に受け止め、争いごとは何も生み出さない、自分の主張よりも他を優先し、自分の周りだけでなく広く人を愛し、世のため人のために地味に努力し、質素に、我が我がと出過ぎず、デクノボーと呼ばれることに喜びすら感じる、そんな人に私もなりたいです。自分で正反対だなと感じて、またこの詩に戻っています。日本人が忘れている姿がここにあります。

遺伝子研究の権威、筑波大の村上和雄先生は、ものすごく一生懸命働くと、不思議なことに良い偶然が起き始めるという話をされ、その状態を遺伝子のスイッチがオンになったと表現されます。そして、この詩の様に欲にまみれず、愚直に、地味な努力を積み上げる、そういう生き方が遺伝子のスイッチがオンになる生き方と言われます。村上先生も、結局同じことを説いておられると思います。不思議な縁や、ラッキーは、自分の心と行動で引き寄せる。
その具体策が、掃除・一生懸命働くこと・道徳を守ること・人を幸せにすることなのだと思います。
当社の仕事はまさに雨ニモマケズ、の気持ちで進んで行きたいです。今月もありがとうございます。

日本電子工業株式会社
山之口良子


話題の鬼十則―その心意気に敬意を表したい

2017年01月27日 [ 社長コラム ]



あっという間に一月も終わりに近づき、1年で最も寒い気候となってきました。インフルエンザ対策は万全ですか。
今月は、話題の電通鬼十則について書きます。

電通 鬼十則
1.仕事は自ら創るべきで、与えられるべきでない。
2.仕事とは、先手先手と働きかけていくことで、受け身でやるものではない。
3.大きな仕事と取り組め、小さな仕事はおのれを小さくする
4.難しい仕事を狙え、そしてこれを成し遂げるところに進歩がある。
5.取り組んだら話すな、殺されても話すな、目的完遂までは
6.周囲を引きずり回せ、引きずるのと引きずられるのとでは、長い間に天地のひらきができる。
7.計画を持て、長期の計画を持っていれば、忍耐と工夫と、そして正しい努力と希望が生まれる。
8.自信を持て、自信が無いから君の仕事には、迫力も粘りも、そして厚みすらがない。
9.頭は常に全回転、八方に気を配って、一分の隙もあってはならぬ、サービスとはそのようなものだ。
10.摩擦を怖れるな。摩擦は進歩の母、積極の肥料だ、でないと君は卑屈未練になる。

今、良くない意味で話題の電通、ご存じのように世界最大の広告代理店です。
四代目社長吉田秀雄によって一九五一年に創られた電通マンの行動規範とも言える鬼十則という言葉です。
私自身二十年ほど前から、何度も読み返してきました。
これってブラック企業の話じゃないか、ではなく、稲盛塾長(京セラ名誉会長稲盛和夫氏)の哲学にも通じる非常に重要なメッセージが込められています。激変の現代、仕事は自分で創らないと誰も与えてくれなくなってきます。AIで現在の仕事は半分以上消えていきます。
仕事を受け身でやっていると、自分で考えなくなり、脳が退化していきます。自律的に働きかけて行った仕事は失敗しても必ず自分の実になります。一流の相手と仕事する、難しい仕事に挑戦すると一流のレベルと自分の差がよくわかり、無理矢理でも這い上がろうと努力しますから、知らない間にレベルアップします。結果にコミットすることに執着することができれば、違うステージに行けます。渦の中心になって巻き込むと人の力を借りることができ、大きな事ができます。巻き込まれるだけよりもずっと面白いです。
目標完遂には計画が重要です。船にも海図と目的地がなければ漂流することになります。
熱意は根拠のない自信につながります。周りに関心を持ちましょう。周りの力を味方にできます。
摩擦大いに結構、仲が良いほど侃々諤々、最良の答えを探り当てられます。この精神的バックボーンによって電通は競争の激しい広告業界で世界一なったのではないでしょうか。
否定する前にその心意気に敬意を表したいです。
今月もありがとうございます。

日本電子工業株式会社
代表取締役社長  山之口良子


成功者になる秘訣

2016年12月28日 [ 社長コラム ]


 今年最後のレターとなりました。今年も充実した一年を送られたことと存じます。来年はもっと良い年になります。今月は『お金持ち一〇〇人の秘密の習慣大全』情報取材班 編
青春出版社より、について書きます。

成功した当人より、その周りにいる人のほうが成功者のことをよくわかっているということは少なくない。ということで、一代で財を成したある創業社長のもとで長らく秘書を務めていた
Cさんに、成功者になる秘訣をうかがってみた。
「社長は若い頃から、決断も速ければ、決断を実行に移すのも速かった。若い頃の私は、それをたんなるせっかちと思い、こんな人は社長以外にそうはいないだろうと思っていました」けれども、それは違っていたようだ。会社が大きくなり、他に財を成した人たちや政治家とのつきあいができ始めると、社長と同じタイプの人が多いことに気づいたのだという。
彼らは、とにかく、やることが速い。彼らの秘書もやることが速い。「そんな彼らにせかせられて、ずいぶん鍛えられましたねえ」と秘書は笑う。秘書氏がいうように、成功の秘訣として「すぐに行動すること」を挙げる成功者は多い。彼らは、鉄は熱いうちに打たないと鍛えられないことを知っている。だから、思い立ったら即、行動を起こす。何か思いついたら行動を起こさずにはいられないのだ。行動することに喜びを見出しているといってもいいだろう。考えてみれば、当たり前のことだ。行動を起こさなければ、何も変わらない。つまり、成功もないのである。そんな当たり前のことを当たり前のように実行している人が、成功への階段を上るチケットを手にできるのである。

 成功者というと、私には関係ないと思われる方も居られるでしょうか。幸せな人とか、まわりをキラキラさせる人と置き換えて読んでみたらどうでしょう。
当社内に、吉田松陰先生の夢無き者に成功なし、という詩を掲げています。夢無き者に理想なし。理想無き者に計画なし。計画無き者に実行なし。実行無き者に成功なし。ゆえに夢無き者に成功なし。というものです。夢とは、自分がこうなりたい、こうしたい、という希望です。夢は叶えるためにあります。しかし、描くだけでは何も進みません。理想を描き、計画を立て、そして、最も重要、実行することで実現するのです。できない理由をつい挙げてしまいますが、まず動いてみよう、実行してみよう。当社の夢は、電気錠日本一になる、全従業員の物心両面の幸福を追求することです。
このお話の、逆に「成功しない人の共通点」もあります。それは、「Procrastination = グズグズすること」です。(アメリカのインターネット業界のコリー・ルードル氏より) 即今着手、今すぐやってみよう。今月もありがとうございます。

日本電子工業株式会社 山之口良子


自分が幸せになるため、成長するために目標はある。

2016年12月15日 [ 社長コラム ]


 早くも師走となり、日に日に増す寒さに冬を感じます。
今回は、盛和塾北大阪の大先輩で、お話「物心両面で良い会社にする」について書きます。

 私の人生に大きな影響を与えたのは、稲盛塾長(稲盛和夫氏)と中村天風さん。
今は幸せで未来はもっと幸せ。いろいろな目標を立て、書いて、毎日見る。
自分が幸せになるため、成長するために目標はある。
うちは二〇年間ずっと過去最高売り上げ、平均十七%アップ。一億の売り上げは今は一六〇億。
感謝と歓喜をいかに多く持つか。感謝が幸せを運んでくる。人生年譜を作る。
リーダーは来期の予算達成のネタを探し、根拠を明確にする。
両親が土地投資に失敗し、三〇億円の借金が残り、社長を引き継ぐ。
今の利益だと返済に一〇〇年かかると銀行に笑われたが一〇年で完済した。
徹底的に戦略化して考えた。どうやって一億を一六〇億にしたか?

1. 加工業態から営業主体へ転換した。社員に機械を譲って独立してもらい、そこで製造してもらい、ファブレスにした。最低五%売値を上げ、コストを五%下げた。つまり一割利益を増やした。そのために年間四〇〇社の新規開拓をした。今までのお客様は値上げしてくれないから新しいお客様を開拓した。

2. 封筒屋からパッケージサービスの一気通貫メーカーになった。商品包装だけでなく、発送代行業務を付け加えた。

3. 収益性の高い商品に絞る。百円ショップ、ドラッグ、家電、DIY、企画開発型企業を目指す。つまり袋屋からビジネスモデルを探し続けている。ビジネスプランを遂行させるのは信念。信念度が成就度。自分が不可能と思うことに挑戦しろ。できないと自分が勝手に思い込んでいる。二〇億円企業になりたかったら、二〇億企業を研究してそこから逆に今を見る。一〇億の殻にいたらいつまでも一〇億。

4. プアなイマジネーションよりも優秀なイミテーション。二匹目のドジョウは居る。真似をする。

5. なんと言っても営業が大切。営業は安くないと売れないと思っているが、利益の低い二五%の客を足切りした。すると新規に向かわざるを得なくなる。


盛和塾北大阪の尊敬する先輩塾生の言葉、胸に刺さります。
今は幸せと感じるのは感謝と歓喜、私はしてもらっていることに不足ばかり言っていないだろうか。
感謝の心は素直です。窓が開いているので、良いものが入ってきます。
予算は苦しいものではなく、自分と自分のチームの成長プランと捉えると挑戦しがいがあります。
何事もやらされ感だと、なかなか身につきません。自分事になると俄然発見があり、楽しくなります。
まだまだ私はノート六冊も戦略戦術を考えていませんでした。
不可能に挑戦しましょう。不可能とは自分が作る壁です。今月もありがとうございます。

日本電子工業株式会社 
代表取締役社長 山之口良子



第1回大阪サクヤヒメ表彰「活躍賞」受賞

2016年12月05日 [ 広報ブログ ]


この度、大阪商工会議所様主催の「第1回 大阪サクヤヒメ表彰」で、
弊社代表取締役 山之口良子が「活躍賞」を受賞させて頂きました。

DSC00331.JPG

DSC00332.JPG

「大阪サクヤヒメ表彰」は、大阪の地域活性化の原動力である企業活動や文化的活動において活躍する女性を称えるものとして、今年度新たに創設されたものです。

多様な人材が活躍できる社会が叫ばれる昨今。
今回の受賞を機に、当社もその社会づくりの一助となり、人材育成に邁進して行く所存でございます。
この度は有難うございました。


大阪商人の心得

2016年11月28日 [ 社長コラム ]


あっという間に今年のカレンダーの枚数もあと1枚になりました。
師走を前に準備万端さあ来い!といったところでしょうね。
今月は まいんど2016年10月号、文学作品で読み解く大阪商人の心得 について書きます。
近江商人や伊勢商人などとともに日本の商人を代表する大阪商人。その商いの神髄と言われるのが「算用」「才覚」「始末」です。算用は勘定や支払い、見積もりといったもの、才覚は機知や機転、発想、商才といったところ。始末はケチにあらず、私腹を肥やすためだけではなく、事業発展や社会貢献を目的としていることが少なくない。懐徳堂は大阪の町人によって創設された学問所、大阪八百八橋の大半は町人がかけた町橋です。

 "収支を計って身を慎み、知恵を絞るだけでは、ひとかどの商人とは呼べない。神仏に感謝する気持ちがあって初めて、真の大坂商人と呼べるのである。" 「銀ニ貫」髙田郁著

 大阪商人が算用、才覚、始末と同じように重んじているのが「信用」です。顧客や取引先、そして従業員からの信用は、しばしば「暖簾」(のれん)という言葉で表されます。

 "暖簾の信用と重みによって、人のできない苦労もでき、人のできない立派なこともできた人間だけが、暖簾を活かせていけるのだった。" 「暖簾」 山崎豊子著

 貧乏病に効く薬 長者丸 一、朝起き五両(朝の早起き) 一、家職二十両(本業に専念) 一、夜詰八両(夜なべ仕事に精を出す) 一、始末十両(倹約に励む) 一、達者七両(健康であること) 「日本永代蔵」 井原西鶴

本社のある大阪はNHKの朝ドラ、あさが来た、でも描かれていたように、かつて日本の経済の中心地でした。淀屋橋も中央公会堂も民間の寄進で作られたものです。ただ儲けるだけでなく、社会にお返しする。
ぱっとお金を出す、立派だと評判になってまた商売が繁盛する、この循環があったのです。
神仏に感謝する、社会に感謝する、お金の出口が、自分の儲けでなく、世のため人の為であること、利他は自利に戻ってきます。こうありたいものです。
「始末」は社会貢献に、神仏への感謝へ繋がるわけです。長者丸、皆さん作って飲んでみませんか。
心のお金持ちになれますよ。誰でもできそうな調合です。
朝起き、決心すればできます。家職、当社は54年間一意専心してきました。
夜詰、夜なべと言う言葉は最近聞かなくなりました。
法律が、コンプライアンスが、と世間では厳しく言われますが、仕事を5時で切り上げて遊びましょうと言う風潮は人間をスポイルしてダメにするための宇宙からの陰謀だと私は思います。
まんまと乗ってはいけません。5時に仕事を切り上げ、それから自分の勉強時間、見聞を拡げる時間、必死で自分に投資する時間の始まりです。
人生二度無し、今の時はどんなにお金を積み上げても戻りません。
自分を鍛える時間は、人生を仕事を豊かにしていき、まわりの仲間、家族そして自分が幸せになる近道です。
今月も有り難うございます。

日本電子工業株式会社 山之口良子


~アルバイトという名の内定者研修~

2016年11月17日 [ リクルートブログ ]


こんにちは!
先日は、68年ぶり?!のスーパームーンだというのに、大阪は曇りで見る事が出来ませんでした・・・
皆さんは如何でしたか?
次にスーパームーンが見られるのは20年後だとか、まだまだですね・・・。残念です。

さて、先日は弊社にて来春入社予定者の内定式が開催されましたが、
早速、先週からアルバイトに来てくれています!

もちろん現時点で配属先は決まってはいないのですが、
今の彼に適性があると思われる、生産・開発部門をメインにお手伝い頂いています。
お手伝いと書いてはいますが、当社では内定者の時期から、なるべく実践に即した作業や、
今からお仕事を覚えて頂けるよう、"がっつり"お仕事をして頂きます!

という事で先週から来ている彼にも、早速大きな課題が与えられているようです!
先輩社員からは、期待の熱視線がバシバシ・・・愛の鞭もビシバシ・・・(のはず)
まだまだ、緊張と不安(もあるはず)の日々だと思います。

愛情の対義語は何だと思いますか?

それは"無関心"です。

人材育成において大事なことは、様々ありますが、
やはり常に関心を持ち「愛情」を持って接する(叱る・褒める)事だと思います。

と偉そうに書いちゃいましたが、そんな私も日々"絶賛勉強中"です(@_@;)

とはいえ業務内容は違えど、日々切磋琢磨、内定者の彼も私も、頑張って参ります!!

皆さん、お身体ご自愛ください・・・<(_ _)>


平成28年度 内定式を開催しました!

2016年11月07日 [ リクルートブログ ]


今朝は白い息が出るほど、冷え込みましたね。
そんな立冬の本日、日本電子工業では平成28年度内定式が開催されました。

まだ内定者が1名の当社ではありますが、総応募人数300名超の中から選考を勝ち抜いた1名です。
在社員も入社を待ちわびているほど期待の新星なんですよ(*^^*)
そのような人財を内定者としてお迎えする事ができて、とても光栄です。

内定式は、内定者が主役のようですが(確かにそうなのですが)、会社にとっても新しい方をお迎えする事で、新しい風が入り、組織が活性化する良い機会ではないでしょうか。

今年4月に入社した1年目社員にとっても、後輩を迎えるという事は、非常に良い刺激になると思います。
本日も、そんな1年目社員から1名が代表して歓迎の挨拶をしてくれましたが、
なんだかその姿がとても頼もしく見えました!日々、切磋琢磨頑張ってほしいですね!

naiteishiki_2016.JPGのサムネイル画像

※この場をお借りしてお知らせです!
最後になりましたが、当社では11月現在も2017年卒の採用活動を継続しております!
エントリーは★マイナビ★より受け付けております(^^)
現在も就職活動を頑張っておられる学生の皆さん!ぜひ一度、当社の会社説明会にお越しください!
お待ちしています!


受け入れがたい事にこそ自分が変わるチャンスがある

2016年10月28日 [ 社長コラム ]


今月は、到知10月号、『上甲晃氏が語る、松下幸之助』月刊誌致知10月号より、マザーテレサのお話について書きます。

松下政経塾で14年間塾生を育ててきた中で、やる気のない人を教育するのも難しいが、自分に自信のある人を教育するのも難しいことを痛感しました。自分は偉いと思い込んでいる人は、素直に言うことを聞かない。松下政経塾には当初、エリートを自認して偉そうにしている塾生がたくさんいました。人の言うことを聞かず、理屈が多く、指導には大変苦労をしました。そんな私に大きな示唆を与えてくださったのがマザー・テレサでした。
マザー・テレサの言葉に常々深い感銘を受けていた私は、この人に会いたいという思いを募らせ、ついに後先考えずにインドのカルカッタ(現・コルカタ)へ渡りました。彼女に直接、どうしても聞いてみたいことがあったからです。当時のカルカッタは人口1千万人のうち200万人が路上生活者で、至るところに生死も分からない行き倒れの人が転がっていました。全身から膿を出している人、ウジ虫の湧いている人、とても側に寄れたものではありません。しかしマザー・テレサと仲間のシスターたちは、一番死に近い人から順番に抱きかかえて、死を待つ人の家に連れて行き、体を綺麗に洗ってあげ、温かいスープを与えて見送るのです。せめて最期の瞬間くらいは人間らしくと願ってのことでした。
運よく、カルカッタの礼拝堂でマザーに面会することができた私は、「どうしてあなた方は、あの汚い、怖い乞食を抱きかかえられるのですか?」と尋ねました。マザーは即座に、「あの人たちは乞食ではありません」とおっしゃるので、私は驚いて「えっ、あの人たちが乞食でなくていったい何ですか?」と聞くと、「イエス・キリストです」とお答えになったのです。
私の人生を変えるひと言でした。マザーはさらにこうおっしゃいました。
「イエス・キリストは、この仕事をしているあなたが本物かどうか、そしてこの仕事をしているあなたが本気かどうかを確かめるために、あなたの一番受け入れがたい姿であなたの前に現れるのです」目から鱗が落ちる思いでした。マザーの言葉を伺った瞬間、私が松下政経塾で、あんな人は辞めてほしいと思っていた塾生が、実はイエス・キリストであったことに思い至ったのです。自分はこれまで、他人を変えようとするあまりどれほど人を責めてきたことだろうか。しかし、いくらそれを続けたところで人を変えることはできない。人生でただ一つ、自分の責任において変えられるのは自分しかない。常に問われているのは、自分から変わる勇気を持てるかどうかだ。このことに気づいた途端、心が晴れ晴れとしてきたのです。

過去と他人は変えられない、未来と自分は変えられる。変えられないものにあらがってイライラしていませんか。自分の気に入らないものが目の前に現れるのは、自分の心が鏡のように映っているのです。自分の姿を目の前に映し出してくれているのです。目をそらしたくなりますよね。目の前に現れる腹の立つ人、聞きたくない言葉、見たくない失敗、全部、イエス様、仏様なのです。自分が本物かどうか、天が試しておられるのです。そう考えると、元は自分、全ての現象は私に有るべき姿を教えてくれていると思えます。自分が変わろうとすれば、まわりが変わり、視界が開けます。自分はこんなにがんばっているのにわかってくれない、あの人のせいだ、自分は出来ているからこんな事は聞きたくない、に陥らず、自分の受け入れがたいことにこそ自分が変わるチャンスがあると楽しんで受け止めたいですね。今月も有り難うございます。

日本電子工業株式会社
山之口良子


10月11月も会社説明会を開催します!

2016年10月24日 [ リクルートブログ ]


だんだんと秋の色が濃くなってきましたね・・・
学生生活も残りわずかですが、今しか出来ない事、学生だから出来る事、たくさん素敵な経験をしてください(*^^*)

さて、年内中の内定獲得を目指している学生さん。
内定はあるけど納得のいくまで就職活動を継続している学生さん。

必ずあなたとご縁のある企業があります!

そんな当社も、まだご縁のある学生さんと出会いきれていません。あなたの応募お待ちしています!

当社では、10月/11月も説明会兼選考会を開催します!
開催日程・当日の詳細・予約は★マイナビ★よりお願いたします。

また、開催日程はマイナビで公開しておりますが、あなただけの選考レーンもご用意いたします!
お電話でお気軽にお問い合わせください\(^^)/

日本電子工業は頑張る皆さんを応援しています!最後まで一緒に頑張りましょう!


過去記事アーカイブ

 
PAGE TOP