session

Q. まずは入社のキッカケを二人に伺ってもいいですか?

松橋

大学の先生に紹介されたのがきっかけだったのですが、興味のある会社をいくつか受けていって、説明会でピンと来たのですぐ入社を決めました。
一番の決め手は若手でも、ガンガン挑戦、成長する機会を頂けるところです。実際に入社して、まだ数ヶ月ですが、他の会社に行った友達とは比べ物にならない経験を既にさせて頂いています。

松村

僕もそれに近いのですが、説明会の中で、社長の熱い思いや、若手の成長、挑戦を応援する風土を感じて、最終的には直感やフィーリングで決意しました!入社してからのギャップもなく自分の直感を信じて良かったです。

Q. 今はOJT中だと思うのですが、直近のビジョンはありますか?

松村

実は僕は文系出身で、営業を志望しているのですが、先輩に同行した際に、お客様に魅力的に商品について語っている姿や、カッコ良く作業されている姿がいいなと思いました。知識を蓄えて、うちの良いところ、魅力をたくさん伝えられる営業になりたいですね。文系出身だって出来るんだ!というロールモデルになりたいと思っています。

松橋

僕は開発を希望しているので、世の中に面白いもの、オリジナルの物をあふれさせて行きたいですね。社歴はまだまだ浅いですが、先輩たちを皆ゴボウ抜きにする想いでやっていきます!

Q. 今後は後輩が入ってきますが、この会社をアピールするとしたら?

松橋

比較的何でも任せてもらえて、自分の考えが尊重される所がすごくいいと思います。他の会社の友人がまだ研修中と聞くのですが、僕はもう開発で自分の考えで動かせてもらっているので、成長出来る環境が用意されていると思います。

松村

「会社」というものにもっと厳しいイメージを持っていました。そのイメージをこの会社の皆さんが崩してくれたというか、皆さん温かくて優しくて毎日嬉しいです。
この会社・この雰囲気だからこそ学べることってたくさんあると思います。

Q. それでは最後に就活生に対してメッセージをお願いします!

松橋

挑戦出来るのは本当にありがたいなと思います。正直、もっと社会人は働きアリのようだと思ってましたがこの会社で楽しそうにイキイキ働いている先輩方がいるので、働くことに対してのイメージは変わりました。会社の規模感や知名度に左右されず、もっと会社の「中身」を見て就活していってほしいです!

松村

僕も、この会社にきて社会に対してのイメージを変えて頂いたんです。今までの自分の学生としての価値観を壊してもらえるというか、今までになかった価値観をもらえる会社に行くべきだと思います。働いていくのは自分ですし、自分の直感、自分の意思でひとつの会社を選ぶ必要があると今では感じます。