1962年創業の信頼と実績、国産初の電気錠・電気錠制御盤メーカー。設計・開発・施工・修理・保守まで一貫対応。

HOME  >  Q&A  >   業種・建物別利用シーン   >   テナントビルにパニックオープンは必要ですか?

テナントビルにパニックオープンは必要ですか?

たくさんの買い物客や店舗で働く人達が集まるテナントビルでは通常、防犯上、非常出口は施錠されています。
地震、火災などの非常時に非常出口が施錠されていると、そこからの避難ができません。
いざという時、人の手で一つ一つ開けて回るのは大変困難です。
そこで、自動火災報知器や感震器と連動させ、非常出口の電気錠を一斉解錠する
JEI製の電気錠制御盤(パニックオープン機能)が役に立ちます。
鍵が開いていることで、中から外への脱出、外からの救助隊の進入を助けます。
非常時に鍵が開いているかどうかが命の分かれ目です。

業種・建物別利用シーン Q&A をご覧の方へ

国産初の電気錠メーカー株式会社JEIは、引戸用換気電気錠ケアロック、電気錠制御盤、入退室管理システム、OEM開発など、設計・開発・施工・保守まで一貫対応。小型電気錠~ビル全体のセキュリティまで、電気錠制御盤のことならお任せ下さい。

業種・建物別利用シーンについて、詳しくはこちら
PAGE TOP