1962年創業の信頼と実績、国産初の電気錠・電気錠制御盤メーカー。設計・開発・施工・修理・保守まで一貫対応。

HOME  >  用語集  >   電気錠制御盤   >   インターロック

インターロック

インターロック制御とは、2つの扉が同時に開くことが内容に制御することです。製薬会社や食品会社などで外気が直接流入することを避けたい部屋などに設置します。

インターロックには3種類のモードがあります。
基本として、1台の制御盤で2つの扉をインターロック制御できます。

U-Uモード(解錠基本型)

  • 両方とも扉が閉まっているときはどちらの扉も解錠しています。
  • 片方の扉が開けられるともう片方の扉が施錠します。両方の扉が同時に開けたれた場合は警報音が出ます。
  • 開けた扉を閉めるともう片方が解錠し元の状態に戻ります。

U-Lモード(解錠・施錠基本型)

  • 片方の扉は解錠、もう片方の扉は施錠の制御です。
  • 施錠している扉にはテンキー、カードリーダなどの操作器を設置します。
  • 施錠している扉をテンキーなどで解錠すつと、もう片方の扉は施錠になります。
  • 解錠した扉を閉めると元に戻ります。
  • 解錠している扉を開けると施錠している扉は施錠のままですが、テンキーなどの操作では解錠できなくなります。
  • 扉を閉めると基本動作に戻ります。

L-Lモード(施錠基本型)

  • どちらの扉も施錠となっています。
  • どちらの扉にもテンキーやカードリーダが必要です。出入両側に必要になります。
  • 片方の扉のテンキーなどで解錠したときは、もう片方のテンキーなどでの操作では解錠できなくなります。
  • 開けた扉を閉めると元に戻ります。

2つの扉以外でも3扉・4扉複合制御も可能です。
上記とは別にトイレ用インターロックがあります。

電気錠制御盤 用語集 をご覧の方へ

国産初の電気錠メーカー日本電子工業は、引戸用採風電気錠ケアロック、電気錠制御盤、入退室管理システム、OEM開発など、設計・開発・施工・保守まで一貫対応。小型電気錠~ビル全体のセキュリティまで、電気錠制御盤のことならお任せ下さい。

電気錠制御盤について、詳しくはこちら
PAGE TOP