1962年創業の信頼と実績、国産初の電気錠・電気錠制御盤メーカー。設計・開発・施工・修理・保守まで一貫対応。

HOME  >  JEIブログ  >   健康経営通信   >   近業(スマホなど30cm以内を見ること)を減らせ!

近業(スマホなど30cm以内を見ること)を減らせ!

2021年10月18日 [ 健康経営通信 ]


―健康経営プロジェクト通信22号(2021秋)―

合掌 JEIは全従業員の物心両面の幸福を実現するため、
健やかに楽しく仕事ができる健康経営を目指しています。
皆さまにおかれましては健やかにお過ごしでしょうか。
新型コロナウイルスの新規感染者数が減少傾向にあります。
このまま収束して欲しいですね。
いつもありがとうございます。ご家族皆さまでお読みください。  結手

―近業(スマホなど30cm以内を見ること)を減らせ!―

●眼軸近視  
 大人になったら、進行が止まるといわれていた近視ですが、大人になっても
「眼軸」が伸びて、近視の進行が進むということが最近指摘されているよう
 です。 眼軸は延びてしまうと、二度と元に戻りません。その大きな原因の
 一つが、「度が合っていないメガネやコンタクトレンズ」の着用といわれて
 います。 例えば、メガネの度が強いと遠くはよく見えるでしょう。ですが、
 焦点が奥に行きすぎてしまいます。
 専門用語で「過矯正」といいますが、これが最終的に「眼軸」を伸ばして
 しまうのではないかと指摘されているのです。

●眼軸が伸びることのリスク
 眼軸の伸びによる近視が増加し、白内障・緑内障や網膜剥離など、発症の
 危険率が増加します。
 成人の眼軸平均は24mm、眼軸が延びると、眼球はラグビーボールのよう
 な形になり、焦点は網膜の手前に来てぼやけてしまいます。近視用の眼鏡の
 まま近くを見ようとすると眼軸が伸びることになります。眼鏡もどの距離を
 見る機会が多いかでレンズを選ぶ。遠中近や中近などコンタクトレンズも
 多焦点レンズを選びましょう。ちなみに小生は、車の運転や道を歩くときに
 は遠中近メガネ、本や新聞を読んだり、PCを使うときには近くだけにピン
 トの合う、ブルーライトカットのメガネをかけています。

●3つの20で近業を減らせ!  
 20分ごとに20秒間20フィート先(6m内外ピントの合う遠く)を見て、
 目を休めましょう。

PAGE TOP